過労が原因で離職した場合

10月 19, 2017 · Posted in · 過労が原因で離職した場合 はコメントを受け付けていません。 

介護職を離れてブランクのある人が再び介護の仕事へと戻る際には、気を付けたいポイントがあります。以前に職場を離れた理由についてよく検討する心掛けが欠かせません。

例えば過労に陥って介護の仕事を離れる人は、業界の中では少なくありません。離職したものの、何も対策を行わずにそのまま復職をしたとしても、同じ失敗を起こす可能性が考えられます。二度目の失敗はないと本人は自覚していても、以前に過労に陥った状況と同じような条件が再び揃った場合には、再び過労に陥る事態も否定はできません。

過労が原因で一度離職したのであれば、介護職への復帰では確実に過労を予防できる対策を立てた方が賢明です。対策方法としては、定期的にカウンセリングを受け、過労に陥っていないかどうかを客観的に分析してもらう方法が役立ちます。働いている本人では過労の状態を認識するのは難しく、カウンセリングの専門家に点検してもらった方が確実です。

また介護の仕事へ復職するにあたり、ブランクがあるからと焦りは禁物であるため注意を要します。しばらく離職していると他の介護職に後れを取っていると感じ、ブランクを取り戻そうと無理をしがちです。

しかし、焦りが逆効果となって無理を続けた結果、再び過労に陥りかねません。そこで二度目の失敗はないよう、他人との競争は控える意識が必要です。復帰する際の覚悟は必要ですが、無理のない勤務を心掛けましょう。自分のペースでスムーズに現場に馴染むことが大切です。